国際空手道連盟極真会館  城南目黒中央支部
 
Home
極真空手とは
支部・道場紹介
クラス・時間割
行事予定
稽古風景
Q&A
入会案内
リンク
 
お知らせ
写真&動画館

国際空手道連盟極真会館
創始者大山倍達
館長□□松井章圭
城南目黒中央支部
支部長池田祥規
連絡先
TEL:03(5704)1078
(支部事務局)

 

□極真空手とは



極真カラテは、創始者大山倍達が日本をはじめ、世界各国で修業を積むなかで確立した独自の精神とルールを持つ武道空手です。その精神は「頭は低く目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点として他を益する」という言葉に象徴されています。

現在、後を継ぐ館長・松井章圭を中心に世界120ヶ国、1,200万人にのぼる会員が、強さや精神力、あるいは健康と美容を求めて日夜修業に励んでいます。


□創始者 大山倍達



今や伝説的存在となった地上最強の武道家、大山倍達。若き日より拳法を学び、1947年、戦後初の全日本空手道選手権大会で優勝して以来、自らの精神と肉体を極限までに追いつめる修行の日々が続く。山籠もりや闘牛との対決、アメリカをはじめ世界各地での武者修行など、数々の逸話が知られる。1964年には、空手界の常識であった「寸止めルール」に対して、真の強さを求める「直接打撃制ルール」を提唱し、国際空手道連盟・極真会館を設立した。世界120ヵ国、1200万人の門弟の総裁として、その生涯を極真空手に捧げた。
1994年、逝去。享年70歳。


□館長 松井章圭



大山総裁に憧れ中学時代に極真会館入門。恵まれた素質と不断の努力により、たちまち頭角を現す。若干17歳で全日本大会に堂々4位入賞し、非凡さを世に知らしめた。第17回、18回、全日本大会優勝。翌年の第4回世界大会をも制すという偉業を成し遂げ、その俊敏にして華麗な組み手は空手界の貴公子と呼ばれ、多くのファンを魅了した。また極真界きっての荒行、百人組手を達成し、いよいよ真の武道家としての基礎を確立。その後、後進の指導にあたりつつ、大山総裁の哲学を学んだ。大山総裁の死去に伴い、その遺志を継ぎ、国際空手道連盟・極真会館の館長に就任。現在、世界の極真会館組織の運営と益々の極真カラテの発展を目指し、東奔西走の日々を送る。


□道場訓

一. 吾々は心身を錬磨し確固不抜の心技を極めること
一. 吾々は武の神髄を極め機に発し感に敏なること
一. 吾々は質実剛健を以て克己の精神を涵養すること
一. 吾々は礼節を重んじ長上を敬し粗暴の振舞いを慎むこと
一. 吾々は神仏を尊び謙譲の美徳を忘れざること
一. 吾々は智性と体力とを向上させ事に臨んで過たざること
一. 吾々は生涯の修行を空手の道に通じ極真の道を全うすること


□帯色

  Copyright 2012 Kyokushin Kaikan Jounan meguro Central Branch